Arduino ステッピング モーター。 Arduino と A4988 でステッピングモーターを制御する方法

Arduinoでステッピングモータを動かす

モーター Arduino ステッピング

✌ ライブラリがインストールできたら、 Sketch メニューから Include Library、 StepperDriver を選択します。 ステッピングモータードライバモジュール A4988 今回使うのは Arduino UNO R3、ステッピングモーター NEMA17 17HS2408 、ステッピングモータードライバ A4988 です。

5
setSpeed 5 ; ・回転処理(回転量)の設定 オブジェクト名. 簡単な回路構成で、正確な位置決め制御を実現できるので、装置の位置決めを行なう場合などによく使われる。

【Arduino】ステッピングモーターをArduinoで度数指定で動かす

モーター Arduino ステッピング

🐲 またS8が閉じるとコイルのB-2端子が電源のグランドにつながります。 hのメソッドについてはを参照してください。

step steps 注意点は Stepper steps,pin1,pin2,pin3,pin4 で使用するピンを選びますすが、 ステッピングの 磁励順番ではないので注意です。

基礎からのマイコンモーター制御(8):バイポーラ型ステッピングモーターの制御:Arduinoで学ぶ基礎からのモーター制御(1/5 ページ)

モーター Arduino ステッピング

❤ これまでステッピングモータを使ったことはなかったのだが、最近になってモータを精密にコントロールする必要がでてきた。 DCモーターは、一般に電流を流すと軸がぐるぐると回転する。

18
この連載ではここ数回、「マブチモーター」に代表される直流ブラシ付きモーターをマイコンから制御する話をしていますが、今回は困ったときに読みたい、知っておくと便利なTipsを幾つか紹介したいと思います。 この変数はステッピングモータが一回転するために必要なステップ数を表す。

Arduinoでステッピングモータを動かす

モーター Arduino ステッピング

👎 SW1とSW2をそれぞれ押すとモーターが回ります。

13
使ったのはL298デュアルフルブリッジドライバが搭載されたである。

ステッピングモーターを使ってみる Arduino

モーター Arduino ステッピング

💙 S7とS6が閉じるとB-1端子にプラス電源、B-2端子にグランドがつながります。

6
変更したスケッチです。 ・Stepper steps, pin1, pin2, pin3, pin4 :Stepperクラスの新しいインスタンスを作成します。

【Arduino】ステッピングモーターをArduinoで度数指定で動かす

モーター Arduino ステッピング

🙂 デイジーチェーン(英: daisy chain)は、複数の電気・電子機器を数珠つなぎにする、あるいは全部まとめて1つの輪にするような接続方法である[1]。 「動くモノ」の制御ができると手を動かした実感がわくものです。

2
今回はバイポーラ接続のため赤の線(GND)は使用しない。

Arduinoでステッピングモータを制御する

モーター Arduino ステッピング

😄 ただ、Arduinoでチョロっとステッピングモーターを動かして遊んでみたい、と思った時にはちょっと敷居が高いですよね。 今回使用したステッピングモータはステップ角が11. ARDUINOはUNOでソースはこんな感じです。

11
実際に動かしていると動画をどうぞ. 今回は秒で制御していますが、本来であればステップ数で動かすこともできます。

基礎からのマイコンモーター制御(7):ステッピングモーターの制御:Arduinoで学ぶ基礎からのモーター制御(4/5 ページ)

モーター Arduino ステッピング

🚒 ・step steps :直近のsetSpeedの呼び出しによって指定された速度で、モーターを特定のステップ数だけ回転させます。 step steps のstepsを数値や変数にする事で回転するステップ数を決定する事ができます。 次に外部タクトスイッチで、正転と逆転を変えられる回路とプログラムへ改造してみます。

11
両端の抵抗値が低ければ、それは内部でコイルがつながっているということである。 Stepper ライブラリの基本関数です。

Arduinoでステッピングモータを制御する

モーター Arduino ステッピング

🤘 円形の木板をベースに、そこにステッピングモーターやArduinoそして電池などを取り付けできるような設計を考えます。

17
これらの回転制御の中で、2相励磁方式をスケッチしてみると、こんな感じでしょうか。