住民 税 特別 徴収 転職。 転職で住民税を二重払い?退社時期に応じて異なる3つの納付方法

転職後の住民税はどうなる?退職時期によって異なる納付方法|転職エージェントのパソナキャリア

徴収 住民 転職 特別 税

🐝 6月1日~12月31日に退職した場合 6月1日~12月31日に退職した場合、退職月の住民税は、給与から天引きで徴収してもらうことができます。 なぜなら、住民税は勤めている会社が給与からじかに差し引いて支払っているからです。

5
そして、手続きをしなくても、自動的に特別徴収で支払うことは可能です。

転職者は要チェック!転職後の住民税の手続きまとめ

徴収 住民 転職 特別 税

😊 しかし、現在の会社から別の会社に転職する場合、これまで住民税を支払っていた会社が住民税を支払うわけではありません。

12
どうすれば良いですか? 転職先の人事に、市区町村から送られてきた 納税通知書および納付書を一式持参して、特別徴収への切り替えを相談してみてください。

転職後の住民税はどうなる?退職時期によって異なる納付方法|転職エージェントのパソナキャリア

徴収 住民 転職 特別 税

🌭 住民税の納付方法 住民税の納付方法には、「 特別徴収」「 普通徴収」の2つがあります。 ただし、その差は年間1,000~2,000円程度であるため、ある地域の住民税が他の地域と比べて負担が大きすぎるということはありません。

転職先に相談してみましょう。

転職時の住民税の支払い方法まとめ!失敗しないための必須知識を総ざらい|BIGLOBE転職

徴収 住民 転職 特別 税

👌 ただし、年間で支払う住民税の金額には違いはないので、資金に余裕があるなら1月〜4月に転職をしてもなんら問題ありません。 まとめ 転職した場合、住民税がどうなるのかについて説明してきました。

11
それは、再就職先が決まっていることを前職の会社に知られるということです。

転職後の住民税の扱いは?給与天引きを続ける方法は?|転職Hacks

徴収 住民 転職 特別 税

⚐ そのため、1月〜4月に退職後転職を考えている場合は、転職先の会社に入社するまでの生活費を貯めておかなければ、その間の生活が苦しくなるでしょう。 転職後に引っ越しをした場合の住民税の支払い方法は? 転職後に引っ越しをした場合も、住民税の支払い方法は変わりません。 そのため、従業員が住民税をやるために特別な手続きをする必要はありません。

15
退職する月次第で額も払い方も異なる 一括で天引きする場合は、退職する月によって金額や払い方が以下のように異なるので注意が必要です。 振替納税の手続きをして、納税者名義の預金口座から口座引き落としをするのがおすすめです。

転職後の住民税の扱いは?給与天引きを続ける方法は?|転職Hacks

徴収 住民 転職 特別 税

😜 従業員は、退職時に転職前の会社で特別徴収制度を転職後も継続したい旨を伝える必要があります。

6
退職時はいろいろとやることがあり忙しくなりがちですが、住民税の負担も把握して、資金面で困ることがないように手続きなどを済ませましょう。

【社労士監修】転職後の住民税に関するよくある疑問とその対処方法

徴収 住民 転職 特別 税

😭 このことを「特別徴収の継続」と言います。

16
そこで本記事では、転職した際の住民税の取り扱いについて詳しく解説します。 そのようなケースでは確定申告を行うことで給与の年末調整と同様に税金が戻ってくる可能性があり、退職金の額が多いほど還付金額も多くなるという点は見逃せません。