バミューダ トライアングル。 バミューダトライアングル

魔の三角海域「バミューダ・トライアングル」

トライアングル バミューダ

☏ この現象は、共説明可能。

14
バミューダトライアングル事故4 C133カーゴマスター失踪事件 画像出典: C133カーゴマスターというのはアメリカ空軍の大型輸送機で、1963年の9月にバミューダトライアングル付近の海域上空にて消息が絶たれました。 [画像のクリックで拡大表示] 北欧ノルウェー沖のバレンツ海で、天然ガスの爆発によってできたとみられる複数の巨大クレーターが見つかった。

バミューダトライアングルの謎

トライアングル バミューダ

😈 実はこのバミューダトライアングル、不審な事故が多く起こっている場所でもあります。 これは2本以上の帆柱を立て、その帆柱の片側に帆を張っている船のこと。 た、助けてくれ!白い水に突入した!」 大尉「何てことだ……。

8
事実の一部を削るか、あえて報告しないことにより、「魅力的な物語」に書き換えることが可能になります。

【ざっくり解説】船が “突然消える” 魔の三角海域「バミューダトライアングル」とは何なのか?

トライアングル バミューダ

😉 パキスタンのギルギット空港を午前7時35分に離陸し、その5分後の無線電話を最後に消息を絶ったといいます。 残骸が見つからないという事は、残骸がどこかに行ってしまったというミステリーが生まれてきます。

ところが、途中で嵐に遭い、エレン・オースティン号と発見船は離れ離れになってしまいました。 そして、氷状態を維持するためには低温高圧状態を維持する必要があります。

バミューダトライアングルは嘘か本当か?噂の真相を徹底調査

トライアングル バミューダ

⌛ それが不思議で恐ろしいから「魔の」と言われているんですよ。 乗り移ってみると何も異常なところはなく、 ただ船員だけが忽然と姿を消していた。

1
出発当初、C133カーゴマスターからは順調に飛行していると無線が入っていました。

バミューダトライアングルに墜落した「巨大UFOの残骸」が海底で発見される! NASA“宝の地図”と、5千年前の謎とは!?

トライアングル バミューダ

💔 バミューダトライアングルでの神秘的な記事は、メディアにとっても新聞や雑誌、視聴率や書籍の売り上げを増やすことにつながります。 科学的な根拠は全くありません。

12
バミューダトライアングルを航行中の船に乗っていた人が行方不明になる• 事故が起きた後、遺体や沈没した残骸が見つからない• 娯楽として消費するに足る面白い事件であれば、真偽や科学的な根拠は必要ないのです。

バミューダよりも恐ろしい魔の三角地帯 アラスカトライアングル 1万6千人が消えた謎とは 【都市伝説】

トライアングル バミューダ

💔。 気象の変化が激しく、波の高さや風速も並外れているうえ、さらにハリケーンや落雷が多発することでも知られている危険なエリアだ。 ・怪奇現象の原因 これらの怪奇現象の原因だが、異次元の世界につながるワームホールだという説や、宇宙人による誘拐説が古くから有名な話ではあるものの、実際のところ信憑性が高いと考えられているのは、海底に閉じ込められていた メタンガスの放出や爆発が影響しているという説、そして ほとんどが大げさな作り話という説のようである。

7
レベッカ バミューダトライアングルで起きた事件・事故の真相は? 奇妙な事件だと噂されているバミューダトライアングルで起きた事件や事故ですが、その後の研究でわかってきたこともあります。 50年近くを経て発見された機体もあるので、これらもいつかは発見されるのでしょうか? AREA• 1980年1月10日には、ルイジアナ州立大学のフットボールコーチ、ボー・リーンが乗る飛行機が、同州の州都バトンリュージュを目指して飛行していた。

現在も起こってるの?バミューダトライアングルの事件と真相

トライアングル バミューダ

👌 大事なのは科学的に見えるようなもので全てを説明することではなく、そもそも主張されているような事件や事故が本当に起きているのか、というところから確認することだ。 これだけ巨大な船が沈没したのなら必ず見つかるはずの残骸も発見されることはなく、サイクロプス号失踪の謎は100年近く経過した現在でもわかっていません。

10
107人を乗せたチャーター便は、ホノルル、ウェイク島、グアム、フィリピンのクラーク空軍基地で給油し、サイゴンまで行く予定でした。 しかし、数分後に再度管制塔から連絡が通信が入り、男性の飛行機が突然レーダーに現れたことを伝えられました。

魔のバミューダ海域、原因はメタンハイドレートか

トライアングル バミューダ

♥ フライング・タイガー・ライン739便失踪事故 1962年にアメリカの軍事航空輸送サービスのフライング・タイガー・ライン739便が忽然と姿を消しました。 バミューダトライアングル名物の後付け設定がたくさん出て来る 軍の正式な調査報告は上記の通りです。

9
バミューダトライアングル事故1 給炭艦サイクロプス失踪 画像出典: サイクロプスというのはアメリカ海軍の給炭艦で、1910年に進水した船です。 彼はこの後無事に帰還しており、バミューダトライアングルの怪異を体験した人物として有名になります。